■病魔は何者?(各種検査)

総合病院 icon-hospital で様々な検査をうけることに。 検査は病院内の各窓口を回って受ける。

受けた検査は以下。

===

■尿検査
尿検査窓口で名前を告げると紙コップをもらえ、尿検査用トイレに行く。 トイレ内の尿検査用の内窓がついた場所に尿が入った紙コップを置いておく。

■血液検査
血液検査窓口で名前を告げると整理番号の紙をもらえ、 テレビ画面に現在の番号が表示されている。 自分の番号になったら採血場所に行き採血される。

※採血は担当者がなれているのか痛くはなかった。ただ、私は血を見るのは苦手なため採血時は針が刺さるところ、 血が抜けているところは見れずずーっと違う場所を向いていた。

■レントゲン検査
レントゲン受付をし、名前が呼ばれるのを待つ。 レントゲン室は何室かあり、空いた部屋から名前を呼ばれる。 まずは立ったままで胸部レントゲンをいくつか撮り。 次にガラスベッドに横になり腰のレントゲンもいくつか撮った。

■心電図検査
これも別の窓口に行き受付。ベッドに横になり上半身裸になって吸盤型の電極をいくつかつけて心電図をとる。

■肺検診
大きなストローを口に加え担当者が機械を扱いながら 「吸って-」「止めてー」「吐いて-」「楽にしてっ」 のかけ声とともに息を合わせる。担当者は慣れているのか、かけ声のリズムが独特だが、合わせやすかった。

■エコー検査
ベッドに横になり上半身裸、上半身にジェルを塗り聴診器? みたいなのを体にあて、担当者が機械を扱いながら 「吸って-」「止めてー」「吐いて-」「楽にしてっ」 のかけ声とともに息を合わせる。
※ちなみに担当者は肺検診と同じ人であった。

■造影CT検査
CTはエックス線により体の内部構造を検査する装置。貴金属は全て外す必要がある。 血液中に造影剤を入れてCT撮影をするため腕に造影剤注射の針を刺したまま検査を行う。ヨード造影剤というのを使う。

部屋に入るとおおきなドーナツ型の装置とベッドがついている。 ベッドに横になりベッドが前後に動き出す。ドーナツ型の装置内で機械が回転している。検査途中に機械が、 「息を吸って止めてクダサイ」、「楽にしてクダサイ」とアナウンスがあり、 それにともないベッドが動く。 なお造影剤は検査の途中で看護師に注射器で投入される。

■造影MRI検査 (別日に実施)
MIRは以前実施したのだが、造影MRIは血液中に造影剤を入れてMRI撮影をする。

造影CTと同じ腕に造影剤注射の針を刺したままMRI検査を行う。ガドリニウム造影剤というのを使う。
造影剤はMRIの途中で注射器で投入される。造影剤のせいか?MRIで腰のあたりが温泉に入ったみたいにポカポカ熱くなった。

===

各検査は病院内に別々の窓口があり、院内の地図を見ながら、かけずりまわって検査を受けた。 まるでスタンプラリーのように。健康診断より密度が高い日だった。

【広告】
このサイトはレンタルサーバーで提供しています。ブログ始めるならレンタルサーバーで。