■外来受診(熱を出してしまった)

その日は、朝から喉が痛くだるかった。起きて熱を計ると37.5℃微熱があるかんじだ。病院からは38℃を超えた場合、連絡してください。と言われていてビミョーな感じ。

厚着をして家で横になっていたが、悪寒がする。昼過ぎにもう一度熱をはかると38.4℃まで上がっていた。病院に電話する。
「どうされましたか?」『熱があって。。。』「では、病院にこれますか?」急遽病院に行くことに。

妻にお願いして、車で病院まで送ってもらうことに、子供はお留守番してもらうことに。病院に着いて、処置室のベットに案内され横になる。初めにインフルエンザの検査を実施、結果は15分後。陰性だった。次に血液検査。血液で炎症反応を示すCRP反応が10.72にも上がっている。通常は0~0.35なので非常に高い炎症反応を示している。また白血球上の好中球(WBC)が2.1まで下がっていた。正常値は3.5~8.5で今まではその範囲に収まっていたのだが、正常値より低くなるのは退院後初めてだ。

点滴材を注入される。退院後初めての点滴だ、また点滴をすることになるなんて・・と思いながら点滴をうける。点滴で少し体調は改善した、最後に両腕から血培をとられた。

医師からは「この状態が続けば、再入院になります。」と言われてしまった。そして解熱剤、抗生剤を処方してもらって帰宅。

その日はあったたかくして早めに就寝。翌日以降は徐々に体調がよくなってきた、次の外来受診の時には熱は落ち着ていた。採血の結果も多少改善していたので、再入院は免れた。ふぅー、よかった。

最近、暖かくなったり寒くなったりする日が続いて体がついていけない、まだまだ免疫も低いので、風邪には気をつけなければ・・

<広告>
レンタルサーバを借りてブログでもいはじめませんか? ドメインを取得して、レンタルサーバを契約すれば自分ですきにカスタマイズしてブログがはじめられますよ。